愛を考えない

投稿日:

彼女は彼のこと愛しているのね。

そんなこと彼女は自分から言わないけれど、みていればわかるわ。

彼を見つめる眼差しや声のトーンに愛がにじみ出ているの。

 

彼も彼女のこと愛しているのね。

そんなこと彼は自分から言わないけれど、みていればわかるわ。

ふとした仕草や言葉の端々に愛が溢れているの。

 

二人とも愛し合っているのね。

そんなこと彼らは自分たちからは言わないけれど、みていればわかるわ。

「彼ったら全部脱ぎっぱなしで、もうほんと呆れちゃうわ。」

「彼女、自由すぎるんですよ。もう危なっかしくてみてられないんです。」

そんな二人の会話さえ、愛おしそうに。

 

彼らが愛し合っていることを、私たちも知っているのよ。

もちろん、あえて言うことはないけれど。

相手のことを一番に考えているのが、会話の端々に現れているわ。

こんなカップルを見ていると、私も自然と愛に満たされるのよ。

 

それぞれ相手に対する不満はあるみたいだけど、愛には到底勝てないみたいね。

 

そもそも愛って目に見えなくて、不確かなものだけれど

人間の本能的にわかるものなのかもね。

愛って何?って考えなくても、感じられればわかるはず。

感じられれば。

 

愛に溢れる人は、同じく愛に溢れる人に愛されないと満たされない。

どちらか一方が大量の愛情を注いでも、片方が愛を受け取れない人だったら上手くいかないのよ。そして結局「あなたって重いのね」と言われておしまい。

重いんじゃなくて、愛に溢れているだけなのに。

愛に対して、同じくらいの容量がないと上手くいかないのかもね。

 

彼らは二人で一つ。

長い年月をかけて、お互いの一部がくっついてしまったの。

どちらかが間違っていれば、もう一方が正しい道に戻してくれるわ。

どちらかが弱っていれば、その分もう一方が強くなって守ってくれるの。

竹内まりやの「リンダ」の歌詞にあるように。

 

だから愛って何って考えなくてもいいのよ。

いつか感じるとこができるから。

愛って感じるものでしょう?

頭で理解できないものなのよ。

愛って感じるものだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です