男の子女の子

投稿日:

恋っちゅうのはホントに、

なんでこんなに素敵なものなんだろう。

 

男の子と女の子は恋に対する考え方は同じなのかしら。

 

女の子の恋話って

「彼って私に気があるのかしら。ねーえ、だって彼ったらこういう事言ってくるのよ?どう思う?えーそうかしら、彼元々こういう性格なのよ。そういうところも好きなんだけどね。」

 

恋は盲目である。

彼の一言一言が彼女たちの胸に刻まれて、深読みして先走る。

聞いている方は「彼は彼女に気がないんだな」なんて思っていたりするけれど

渦中の彼女は気づかない。

いや、多分気づいているけど恋に溺れていたいのね。

 

だってね、恋をすると魔法がかかるのよ。

彼のために可愛くなろうっていう乙女の力は侮れない。

「彼は何色のリップが好きなんだろう」ってメイク売り場で選んでいる時間が楽しいのよ。

それに気づいてくれないのが男の子なんだけど。

 

男の子の恋話ってどんなのかしら。

よく考えてみれば、私は男の子からも恋話されるたちである。

「あの子、僕にこんなこと言ってきたんだけど、女の子的にはどんな意味?」

嬉しいのか悲しいのか彼らにとって私は気軽に話せる友人であり、女の子代表である。

「ん~~私はあの子じゃないからよくわかんないけど、女の子がそんなこと言うときは脈ありなんじゃない?」

女の子目線で勝手にアドバイスをするのが私の務め。

 

男の子は男の子にどんな恋話をするのだろうか。

男の子が恋に落ちて魔法にかかるケースは、ほとんど見たことがない。

「彼、あの子に恋して垢抜けたわね。性格も男らしくなって。」というのはほぼない。

彼らは自然体のままで、どうやって落とすか戦略を立てているのだ。

 

私は悲しいことに、いつもハンティング側だ。

ハントされる側の気持ちがわからない。

ハントされたい欲だけが年々積もって、崩れ落ちそうだ。

 

男の子に想ってもらいたいわね。

「あの子、今日僕にこんなこと言っていたけれど、それはどういう意味なんだろうか。」

私のことだけ考えて過ぎる1日を過ごしてほしい。

 

女の子はだいたいこんな感じよ。

「彼と付き合ったらどんな感じかしら?デートには何着ていこう。

待ち合わせは駅の改札で、彼が走ってくるの。

『お待たせ、待った?』って手を出して、私は『もう!遅刻するならラインぐらいしてよね!』なんて言いながら差し伸べられた手を握るの。フフッ

 

体の相性は?

彼は優しいタイプ?それとも激しいタイプ?ん~~~~!!

いやね、私ったらこんなことまで想像して…。

 

でも待って、一番大事なのは告白よね。

やっぱ帰り際に言われたい「好きです、付き合ってくれますか?」って。

それだけでいい。

それだけで充分、カッコつけなくていいから好きって言ってほしいな。

 

なんて、こんなこと考えてたらねれなくなっちゃった。

明日も早いのに、もう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です