蝋梅

投稿日:

蝋梅が咲いたのを見た

春がもう、すぐそこまで来ている

 

今年はこんな世の中だから、季節も気を利かせて春を早めに持ってきてくれたらしい

冬が短くて、だけど不安が黒く立ち込めて分厚い雲が出来上がっていた

取り払うすべは誰も知らなくて、ただただ待つことしかできない

そんな冬が終わる

 

さんかんしおんってなんて素敵な響きだろう

今年ほどこの言葉に救われる年もないだろう

急速に進む春への準備に、てんやわんやで追いかける人たち

でもそれは心から待ち望んでいた希望の花びら

 

梅が咲いた

向こうのほうに白い花

桜かしらと首を傾げて向かっていくと、それは梅の花であった

強くておてんばで、末っ子のような梅の花

 

桜を待っている人がいる

あの通りが一面にピンク色になる一週間

散っていく桜を愛でる日本人

あぁ今年ほど桜を望む年もない

 

蝋梅が消えた

薄い黄色の花びら

蝋でできたように半分透明な可憐な花

初めて見た時の高揚感

蝋梅なんて、そう、ぴったりだわ

 

2月に黄色は似合わない

それでも蝋梅は春を知らせる

一番先にやってくる

牡丹が萎んだら、彼女たちの出番

 

自転車が春を連れて来る

光を待ちわびた私の元へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です