手を伸ばしても

思い出がくっきりと残っている間は、私はいつまでもそこで生きていると信じていた。 そうやって何年も乾いた時を過ごして、気がつけばずうっと遠くまで歩いてきたらしい。 いつだって指先からすり抜けていく想いを、時間を、あんなに大…