芸術とは。

”芸術は愛だ”とバイト中に急に思って、「まさかこんな稚拙なことどこかで公言してないよね」と思ったら、2年前に広告に顔写真とともに大々的に公表していた。

 

オープンキャンパス用の芸術学科のポスターでこんな問いが出された。

『あなたにとって芸術とは?』

芸科はとにかく変わっていることがステイタスなので、皆それぞれうまい言葉を紡いできたが、私はその先を読んでいたのだ。

その言葉は写真とともにポスター載ることになっていたので、目立ちたがりの私は、選ばれた20人の中でも一番目立ちたかったので、一言「愛」と答えた。

その結果がこのポスターである。

私の計画はうまくいき、一番目につきやすい左上の大きい枠を勝ち得たのだ。

しかしまあ、本当に芸術は愛であると思い始めたのだから、言霊は侮れない。

 

そして今回のファッジーナの記事でも、冒頭でそれを繰り返した。

「芸術は愛である」ただそれだけ。

 

そうして今に至るのだが、最近学生の時にサークルで行った合宿所をテーマに作品を作った。

私はその作品をその合宿所に送ろうと思ったのだが、いざとなるとチキンな私は

「こんなの急に送られても、迷惑だよね。うん、しかも向こうも知った顔ならいいけど、部長でも合宿係でもなく、ただそこにいた女学生なんていちいち覚えてないだろうし。ただの自己満なら、作品を手元に残しておいた方がいいよね。」

という考えが頭を支配した。

 

しかし、自分で自分のファッジーナの記事を読んで

「あぁ、そうだ。芸術は愛なんだ。この愛、彼らに伝えなくて誰に伝える!愛を込めて作ったこの作品。渡してこそ、完成するんだ!」

とバイト帰りの自転車の上で妙に意気込んで、そのまま手紙と封筒も書いてしまった。

 

急に前向きになるのは、だいたい生理が終わる頃なので、ホルモンに惑わされながらその封筒を投函した。

 

自分の言葉に突き動かされて、勇気が出たというお話。

これが私に勇気をくれたファッジーナの記事↓

チャップリンと芸術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です