白金高輪

忠臣蔵の四七士の墓へ、やっと行けた。 泉岳寺にあるその墓は、私がいった時も、”ファン”が推しにお酒を供えるために少し賑わっていた。   港区の超一等地。 ちょっと風情は残っているけれど、都会の中に急に現れる江戸…

24歳の私

一つ歳をとった時に、褪せていく思い出がある。   なぜかフォークソングに魅せられがちな私は、青春というものに縛られている。 彼らの歌は、いつも若かりし日々の苦しみ、悲しみ、希望を歌う。 それが懐かしいと感じた時…