白金高輪

忠臣蔵の四七士の墓へ、やっと行けた。

泉岳寺にあるその墓は、私がいった時も、”ファン”が推しにお酒を供えるために少し賑わっていた。

 

港区の超一等地。

ちょっと風情は残っているけれど、都会の中に急に現れる江戸時代の風。

47個の墓が隣と間隔なく並んでいるのは、彼らが正座をし切られた頭を膝にしたまま埋められているからだ、と”ファン”が語っているのを盗み聞いた。

最初、住職さんが話しているのだと思って聞いていたが、振り向いたら”ファン”と思しき人が住職さんに話していたのだった。

 

主人を殺され、敵討ちをとった四七人の武士。

なぜ彼らが、今でも語り継がれるのか。

それは、その勇ましさもそうだけれど、敵討ちののちに”あえて”自ら幕府に申請したという武士に生きた生き様なのではないか。

そう考えながら泉岳寺を後にした。

 

泉岳寺から卒業した大学までが近かったので、同じ大学を卒業した彼と2年ぶりに学校を訪れることにした。

高輪という、高級住宅街の路地を歩いた。

地図は持たず、学校の隣の高層マンションを頼りに路地から路地へと進んで行く。

「ねえ、この家お洒落じゃない?いくらくらいするのかな」

「ねえ、あのマンションイタリア風だね。いくらくらいするのかな」

「ねえ、見てこの車。いくらくらいするのかな」

「ねえ、この家の土地広すぎない?いくらくらいするのかな」

と価格査定をしている間に学校へ着いた。

 

ちょうど授業が終わった時刻らしく、出て行く学生ばかりだった。

私たちは、校門の警備員に止められないかとヒヤヒヤしながら数年ぶりに学校へ入っていった。

それはあの頃と全く変わらずに、私たちを受け入れた。

廊下もトイレも、教室も、授業中の静けさも、私の知っているものだった。

その後、食堂で休憩をした私たちは、私たちよりも垢抜けた大学生に囲まれていた。

パーテーション越しの彼らは、紛れもなくあの頃の私だった。

それにしても、お洒落な人が多いなこの学校は。

 

彼が歩数でピクミンを育てているので、その後目黒駅まで歩くことにした私たちは、次は白金という地に足を踏み入れた。

「ねえ、このマンションさ、ロビー見てよ。あんなでかいソファー見たことないわ。誰が座るんだろうね」

「ねえ、ここだけ国が違うわ。建売だろうけど高いだろうね」

「ねえ、見て見て!あの人、あんな高そうなマンション入ってくよ。普通の人っぽいけどねえ。めっちゃ金持ちだろうね」

「ねえ、この家誰も住んでないみたい。千と千尋の最後の車みたいになってるよ。ほら蔓がタイヤに。こんな高価な土地なのに、どういうことなんだろうね」

 

目黒駅についた私たちはヘトヘトになりながら、最後の力を振り絞って電車に乗って帰っていった。

 

彼のピクミンはたくさん仕事をしてくれた上に、確実に増えた。

ピクミンが死ぬものでない、それだけでそのアプリが好きになった。

24歳の私

一つ歳をとった時に、褪せていく思い出がある。

 

なぜかフォークソングに魅せられがちな私は、青春というものに縛られている。

彼らの歌は、いつも若かりし日々の苦しみ、悲しみ、希望を歌う。

それが懐かしいと感じた時に、私たちは大人になる。

 

そんな歌が好きだから、いつも私は過ぎ去りし日々を思っている。

そして、たまにそんな日々を過ごした仲間に会うと、時の流れに置いていかれた私に出会う。

そんな時、焦って大人になろうと努めるけれど、なんせフォークソングが忘れられないのでいつまでも

「やりたいことをやるのさ なぜそれが悪いのかい

夢があるから若い この青春という名の夢が〜」

とかぐや姫に乗せられて青春の中に留まろうとしている。

 

話は変わるけれど、25歳までに名作小説100作品を読むというタスクの途中経過を発表したい。

なんと私は、24歳の誕生日までにちょうど半分の50作品を完読させたのだ。

えらい。

今の所一番好きな小説は、『アルプスの少女ハイジ』。

それを友人に話したところ、「へー、ハイジって小説あるんだ」と言われ、私はつい先週も同じことを言われたのを思い出し、「いや、この話あなたにしたわ」となった。

二週連続で友人に同じ話をしたので、自分の話のボキャブラリーが増えていないことを実感した。

50作品読んだ成果はいつ現れるのか。

それにしても「その話聞いたよ」と切り捨てない友人の優しさが心にしみる。

 

1年間はあっという間で、あの日と何も変わっていないのではないかと思うほどである。

本当に、生活面では何も変わったことはないと思う。

 

イラストレーターになるために学校に通いだしたのが、唯一の違いかもしれない。

自分の絵が褒められなかった時、それが何回か続いた時、私は心の折れる音を聞いた。

気に入っている絵が、何時間もかけて描いた絵が、批判の言葉しか受けなかった時、自分を全否定されたように感じる。

もちろん、褒められるために学校へ行っているのではないが、それでも褒められるためにお金を払っているので、褒められなかった授業の後は悔しさで泣いてしまう。

「えーん、えん。私の絵って魅力ないのね。誰も好きじゃないのね。これからだって誰も好んでくれないわ。えーん、えん」

しかし、授業の後にクラスメイトが褒めてくれると

「え、やっぱりこの絵いいでしょっ!ねっ!わかってくれてありがとう、先生がどう思おうと私はこれが好きなのっ!私、これからも頑張るよっ」

と根が楽観的なので、すぐに心が修復されるのだ。

でもプロの先生の目は確かなので、ちゃんと基礎から始めなければと毎日あくせく絵を描き始めている。

 

一年前は漠然とした明るさに包まれていた私は、今はしっかり地に足つけて地道に光を探している最中らしく、そう考えればこの1年で変わったものは大きいとも思える。

 

褪せた思い出に寄り添いながら、どこまで今を生きられるか。

それが24歳の私の課題。