知らない人に手を振るの恥ずかしすぎる話

マスクをしていると、友人の顔すらわからないので、新宿駅東改札前で知らない人に手を振っていた私の話です。

顔を見て話す習慣がないので、友人でさえも髪型や服装など雰囲気で捉えているのが悪いのでしょうか。

久しぶりに大学時代の友人と、4人で飲みに行く事になりました。
新宿駅東口で待ち合わせしたのですが、ついてみるといつのまにか改札の場所が変わり、流れゆく人の中で思考停止したまま呆然としていました。これはどうでもいいのですが。

さて、集合時間まであと5分。
もう誰かついててもおかしくないよね〜、あ、いたいたっ
と手を挙げて友人に近づいて行く1人の女私。
男、私を一瞥し目を逸らす。
私、手を上げ笑顔のまま通り過ぎる。
柱に隠れる。
柱の影から彼を見る。
知らない女現れる。
消える。

「さっきさ、待ってたらめっちゃ見られたんだよね。全然知らない女なんだけど、笑ってこっち向かってくるから無視したわ。やべーよな」
「えー、それ新手のナンパじゃない?〇〇くんかっこいいからぁ」

などと話のネタにでもしてくれ。

恥ずかしいので、そのカップルが消えた後また表へ出て友人探しを再開する。
すると中央口の方から、見知った女が歩いてくるではないか。
あぁ、よかった、今ね人間違いしちゃって恥ずかしかったんだよ〜と言いたそうな私。
見知った女近づく。
手を振り笑顔の私。
女通り過ぎる。
私柱の影からみる。
女消える。

集合時間まであと3分。
皆早く来てくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です