画面越しにさようなら

はらはら舞う雪を
ただ眺めていた朝に
遠い記憶は蘇り
そして消えていく

今日の喜びを
忘れないようにと書いた
日記は埃を被り

今日の切なさに
思いを馳せるために撮った
写真は引き出しの奥

3月の風は
まだ冷たくて
春の訪れに気づかないフリ

人を愛しすぎるから
別れの季節は好きではなく

言葉にならない想いに
ただ涙が頬を伝うだけ

振り返れば
いつもそうだったと
風が囁く

空を見上げれば
満天の星
いつの事か思い出せない
けれど確かに
あなたはそこにいて
そして私も

耳に流れるジャズナンバーは
仲間と過ごしたあの日々を
鮮明に思い出させてくれるので

孤独に震える夜には
思い出のリズムに揺れながら
隣にいたあなたを想っています


2年前に書いた詩が再び心に蘇ってきたのは、画面越しにでもあなたに会えたからでした。

この2年、空白の時間が多すぎて、私だけポツンと置いてかれたような気がいたします。

顔を見ればすぐに、学生時代に戻れるのに
それは逆に、あの頃には2度とは戻れないという現実を突きつけられる瞬間でもあるようです。

思い出を語るほどに、それは深まってゆくばかりで、それはそれで良いとしたこの2年間の努力も、その時ばかりは無効になってしまうのですね。

今でも、真っ白な結晶がゆらりゆらりと降りてくるのを
こんなにも鮮明に思い出せるのに。

心のオアシス

久しぶりにジャズの事を思い出した。
といっても、今でも常にそれは私の頭の中にある程度存在しているので、久しぶりという表現も変な感じだけれど。
今は肌で感じるような響きを持って、久しぶりにジャズを感じている。

大学の3年半だけ、私はジャズをやっていた。卒業以来、ジャズをやっていないので、もう2年やっていないことになる。
それでも私はたまにジャズを聴いている。
「ジャズを全く聴いていない」とかつての仲間が言おうと、私は生活の中にしっかりとジャズの余地を残している。

でもそれは、ただ単にジャズというものを聴いているにすぎない。その中には、あの頃のような熱中、執拗(と言ってもそんなに真面目なピアニストではなかったが)はない。

それなのに今日、テレビから何気なく流れてきたジャズのリズムに、あの頃の、学生時代の熱中みたいなものを感じていた。

私はあの時、確かに生きていた、と思った。
それは2年間の空白がそう思わせたのか、退屈な毎日がそう思わせたのか、はたまた過去の私がそっと教えてくれたのかわからないが、生の喜びというものが私の内側からフツフツと湧き上がり、どうしても止まらず、この文章を書いている。

私は明日のアルバイトが嫌で眠れない。
今のバイトが嫌だと思ったことはないが、システムが変わったので慣れるまでに時間がかかるのが嫌なのだ。
変化がとても嫌いなのだ。

そんな精神状態で、あのジャズを聴いたので、もしかしたらセンチメンタルな気持ちになっていたのかもしれない。
あの頃と何も変わっていないことに苛立ちながら、あの頃と何もかも変わってしまったことに戸惑いながら、あの頃と何も変わらないジャズの音色がそう思わせたのかもしれない。

生きていると、時々日々の雑務に追われて、生きているということに気づけなくなる時がある。後から思えば生きていたと思うのだけれど、渦中の時は考える暇もなく時間が過ぎていく。
そんな雑に生きそうになる時に、ジャズは私に何かを思い出させようとするのかもしれない。

目の前のことしか見えなかった心が、ほんの少しだけ和らいで、ほんの少しだけ前向きになろうと思える。
だからきっと、わたしにとってジャズはオアシスなのだ。

寝る。